議会報の結論は持ち越し・・・。議員インターンシップも始まりました!

みなさん、こんにちは。山口としき(宮崎市議会議員)です。

先日からお伝えしている議会報の件、13日に予定通り協議が行われました。

 

過去ブログこちら(古い順)⇒

http://www.toshiki-miyazaki.jp/2017/01/19/201701gatsu3/

http://www.toshiki-miyazaki.jp/2017/01/28/201701gatsu04/

http://www.toshiki-miyazaki.jp/2017/02/09/201702gatsu01/

 

再度議会報に関して各会派の意向が確認された結果・・・・

 

結論は3月まで先送りとなりました。

 

なぜ先送りなのか。。。

 

前回までは、参加11会派中10会派は賛成、1会派は会派内確認がまだできてないという状況でした。(私のブログでは色々と配慮して会派名は控えましたが、新聞報道には「自民系最大会派 市政同志会」ということで記載されていたのでもう控えなくてもいいかな。)

 

そして今回、態度未定だったその1会派の意向で審議の方向が決まるわけですが、「賛否を出すとすると反対」という回答になりました。

 

理由としては、「多くの人数がいる会派なので、様々な意見があり、意見の一致をさせることが難しい。賛否を出せということであれば、反対といわざるを得ない」という旨のことだったと理解しています。

 

私としてはできる限り前向きに調整したいので、「様々な意見や反対されている方がネックになっていることはなにか教えてほしい」ということをお願いしたのですが、

 

会派内の議論について他会派から言われる筋合いはない。それに求められたのは、賛否であって細かな争点まで出せと言われたわけではない。委員長から争点をだしてほしいということであったら、協力はするが・・・。多くの人数がいる我々の会派と一人会派(私)では意見をまとめる苦労が違うんだからそのあたりを理解してほしい。

 

といった旨の回答だったと私は理解したので、私としても協議を進めることが難しくなってしまいました。

 

ただ他の議員とのディスカッションを通じて「まだ協議の余地は少しは残っている」ともとれる発言もあり、最終的には「なんとか前向きな方向で動けるように再度会派内でもんでほしい」という多くの願いも込めて議論先送りとなった次第です。

 

なんとかならんもんかなぁ・・・。

 

また、議会報に関する議論の中では、市政同志会さんより、「こんなことを書いているある議員がいる・・・」とのことで、私の名前を出さないまま前回のブログの内容を取り上げられ色々といわれるという私にとってはホットな事象もおこりました。

 

私の書いた記事が事実と違うとの認識を持たれていたようですが、他の議員も含めて確認したところ、「事実誤認はない」ことが確認されましたので、誤解は解けたと思っております。

 

委員会のような公式かつ、メディアも入っている場で、他会派やほかの議員の議員活動を取り上げて議論することはあまりありません。私個人としては強い圧力を感じましたが、同時に「ブログ読んでくださってたんだ・・」という驚きもありました。今後も情報発信はしていきますが、事実誤認があればきちんと訂正謝罪はします。本ブログは私の議員としての意見を、私の理解と主観に基づいて書いていますので、中立的な報道や正式な議事録ではない旨は了解いただきたいと思います。(今までも色々と配慮してきたつもりでしたが、いい勉強になりました。)

 

そして、2月より!議員インターンシップ(春)が始まってます。

 

山口事務所3期生となる今回は、公立大の2年生鳥越さんが3月末までインターンに来てくれることになりました!

 

1名という少数精鋭ですが、他事務所との合同での作業も増やしていい経験をしてもらえればと思います。

 

20170206_1436081 (山口事務所恒例、新聞ディスカッション)

20170206_2017121 (JAさんについて説明を聞く様子)

20170213_1620551 (市役所について説明を。他事務所と共に)

 

インターン、10日目にして早くも新聞に載るという快挙!なかなかのポテンシャルです。

20170216_1658011 

2月も半ば、なかなか充実した状況です!