無事に一般質問が終了!!

皆さんこんにちは!山口としき(宮崎市議会議員)です。

3月議会もラストスパート!残すところ、表決だけとなっております。今回は予算審議ということもあり、いつも以上に長時間にわたって審議が進められている状況で、私もかなり要望を出したり、予算の内容について質問をしたりしている状況です。

さてさて、ひとつ前のブログで書きましたが、本議会では一般質問(2回目)を行い、なんとまぁ「トリ」でした!

インターネット録画が見れるようになりましたので、ご紹介しておきます。

インターネット録画はここ!!3月10日の一般質問をご覧ください!

http://gikai.gikai-tv.jp/dvl-miyazaki/2.html

 

DSC_00132 ※壇上からの一コマ

DSC_00362 ※スーツの前を閉めようと思いましたが、閉まりませんでした・・・・。

質問の項目と、主な内容、そして当局の回答は以下のようなイメージ。

1.「住民主体のまちづくり」の現状と課題について

要旨:住民の意見をどうやって吸い上げているのかという確認と、自治会加入推進条例に「行政からの指導」の項目を追加してはどうかと提案(自治会変革のため)。

当局回答:住民の意見は「地域協議会や自治会などの各種団体」を通じて確認している。「指導」の項目については、「自治会は任意の組織なので無理」。

2.企業誘致の観点から考察するまちの課題と都市計画マスタープランの改定について

要旨:企業誘致と言っているけど、誘致対象であるIT企業向けのオフィスが不足してると思いませんか?、都市計画マスタープランの改定スケジュール確認とさらに一歩踏み込んだグランドデザインまで描く必要性を再度訴える。

当局回答:オフィス不足は認識しているので、建て替えのための補助金とかを打ち出しているが、まだ実績なし。マスタープランは来年度から基礎調査を始めて29年度末に完成予定。グランドデザインの必要性に関しては、回答内で言及なし。

3.ナショナルトレーニングセンター(NTC)誘致への宮崎市の関わり方について

要旨:オーシャンドーム跡地にNTCを誘致すると新聞報道で出ていたが、宮崎市はお金を出したり、積極的にかかわるのか?

当局回答:オーシャンドーム跡地はあくまで民間の土地で、今回も民間企業からの提案を受けて、市民の利益があるなら協力できる面は協力しようという対応をした。お金などを出す予定はない。

4.市役所の業務効率化と組織力向上について

要旨:庁内のネット環境(各課にネットが使えるPCは1台程度)はちょっと遅れてないか?、名刺はデザインも自由で、費用も個人の自己負担でやっているというのは改善したほうがいいのでは?

当局回答:ネット環境は各課の要望に応じて台数の増などで対応中。すべてのPCをネットにつなぐのはセキュリティ上厳しい。名刺については自己負担であることは事実。今後研究していく。

 

今回は議論のベースを作ったり、細かなことにも触れたので、かなり時間ぎりぎりまで使い切りました!(持ち時間のこり数十秒!)

前回と今回の2回を使って確認できたものをベースに来年度以降はさらに踏み込んだ議論をしていきます。

また、質問の中でも触れていますが、一つ一般質問を通して実現したことがあります。

それは・・・・「選挙公報のインターネット掲載」です。昨年9月で強く要望して、3月1日より見れるようになってます。

私が言ったからだけではもちろんありませんが、「質問で取り上げると実現するよ!」という実例ですね。

特に宮崎市民の方は、市長の選挙公報も見れますので、確認してみてください!

http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/city/election/info/51323.html

質問の最後は自分の思いを言葉にしているので、そちらだけでも見てもらえればなとも思います。

なかなか生意気だ!という意見もあるようですが、嫌われない程度に生意気にやっていきます(笑)

「まずは一年間、いい仕事をしましょう!」という言葉で締めましたので、来年度も今年度以上にしっかりと頑張っていきたいと思います!