ドタバタとしておりまして・・・(9月議会・特別委員会終了)

こんにちは。山口としき(宮崎市議会議員)です。

9月定例議会→決算審査特別委員会→臨時議会→地方創生調査特別委員会と、定例議会以外にもどんどんと話し合わなくてはいけないこと、決めなくてはいけないことが続いて、更新が滞ってました・・・・。

初めてのことが多いので、なかなか仕事のボリュームがつかめず、バタついてしまう今日この頃です。

さて、まず9月議会が終了しました。

今回は補正予算や市税条例の一部改正などが議論され、決算を除く17の議案と20の報告が可決等されました。大きくもめたりとか意見が割れるということもなく、本議会も終了となりました。国の法律施行に伴う条例の変更や以前に実施が可決されていた工事の契約などが主です。どんな議案が可決されたり報告されたかはこちらに載ってます。

第4回定例会議議決結果(宮崎市HP)→ http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/parliament/result/34270.html

定例議会に引き続いて、決算審査特別委員会が開会。

ここで少し仕組みのお勉強です。

市役所や県の決算は、毎年9月議会で特別委員会を作って、集中審議を行って、前年度の事業についてきちんとできているか、効果が出ているのか?などを検証します。そして、特別委員会が終わり次第、臨時に議会を招集して承認手続きを行います。(さらっと議会で承認というわけではなく、重要かつ量が膨大なのですこし手続きがごちゃごちゃしてます。)

つまり、今回は平成26年度の予算・事業がしっかり行われたかを検証したというわけです。

ここで、結構多くの皆さんが思うはず・・・・。

え、遅くない?前年度の反省をこんな年度の中盤にやるの??と

そう、民間の感覚からすると遅い時期だと思います。せめて6月くらいにならんもんかなぁと私自身も今回初参加して思いました。ただ時期について変更するには、かなりの時間を要しそうなので、まずは決算の中身をしっかり見ることに注力します。

さて、肝心の審査内容。まず私の場合、平成26年度は予算編成にも関わっていないですし、そもそも宮崎に住んでない時期も多かったし・・・ということで、平成26年度予算がどんなものだったか?から見なくてはならず、他の先輩議員の倍時間がかかるというマイナスからのスタート。さらには、行政の決算は単年度決算だったりで、企業のものとは根本が違うので、読みにくさMAXでした。

細かく書けばきりがないのですが、ざっくり結論を言うと、限られた時間で見ないといけないということもあり、主に今年度も同じように実施されている施策について効果があったのかを質問したり、要望・意見を伝えました。資料が読みにくいという点も要望し、私の出した意見のいくつかが議会全体の意見として採用され、今回は終了。決算も臨時議会で無事に承認されました。来年は私が可決した補正予算なども決算対象になりますから、より細かく突っ込んでいけると思います。こうご期待。

最後に、今回の臨時会で「地方創生調査特別委員会」が設置され、私、委員として選出されました!

昨今話題の「地方創生」ですが、10月末から本格的にどんな政策をするか?が各自治体で発表されてきます。これにあわせて議会としてもしっかりと意見を言う場として、新たに専門委員会をつくったというわけです。地方創生プランについては、整理してお伝えすべきことが多々あるので、また改めて。取り急ぎ大事なのは、山口が委員になって色々堂々と意見いえる立場になったよ!ということです。

今回は、細かく書いたのであんまり興味が出てこない内容かもしれませんが、1つでも印象に残るものがあれば幸いです。

実は10月は出張や視察が多く、月の半分くらい宮崎を離れてます。これも今、長野で書いております。議会がなくてもバタバタしてきて楽しくなってまいりました。

運動会 (母校の運動会にて。なんと来賓でした!)

 (長野での会議に参加中!)