スタートの景色と9月議会報告

 こんにちは。山口としき(宮崎市議会議員)です。

先日の一般質問には多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました!

初めて市議会を傍聴した!という声をたくさんいただきました。私の質問のできは置いといて、少なくとも市政に触れ合う機会を提供できたことはよかったなと思っております。

一般質問にとらわれておりましたが、実は9月議会は昨日終了し、補正予算含め、議案のすべてが可決されました。詳細は連休中に書きたいなと思っております。9月議会は終わりましたが、9月末から「決算特別委員会」というのがあり、昨年度決算についていろいろと議論をするので、まだまだ数字との戦いが続きそうです。

さて、問題の?一般質問ですが・・・・・・(上手、下手は置いといて)

非常に緊張してましたが、あんまり噛むこともなく、ところどころに議場をなごやかにするために冗談めかしたことを台本を無視してアドリブで言ったみたり(一切笑いはおきませんでした・・・)。

まちづくりに関する質問の部分で、市側の回答者が一番若い部長さんだったこともあり、一部では「宮崎市における若手対決!!!」みたいな感じで盛り上がったとか、盛り上がってないとか。

評価のほどは、ぜひ皆さんにしていただければと思いますので、お時間がある方は録画をご覧ください。9月10日(木)をクリックすると、山口分が出てきます。ダメ出しなど、メールいただければ、改善していきたいと思います。(あんまり厳しいと心が折れますので、お手柔らかにいただけると幸いです。)

録画はコチラ(宮崎市役所HP) → http://gikai.gikai-tv.jp/dvl-miyazaki/2.html

感想・アドバイスなどはココへ → http://www.toshiki-miyazaki.jp/contact/

※または、toshiki_0701@yahoo.co.jp へ。

IMG_20150917_172430 (緊張で少々にやける。)

IMG_20150917_172257 (中盤、慣れてきてる感じ)

 

一般質問ってどうやって作ってるの?という方も多いと思うので、ちょっとだけ解説。

Q1.なにを聞いてもいいの?

A1.一般質問は基本的に行政に関することであれば何でも聞いてOKです。議員の関心があることや地域の細かな課題でもなんでもOKなので、質問内容で議員の取り組みや考え方がわかります。

Q2.持ち時間とかあるの?

A2.宮崎市の場合、議員の質問とそれに対する市側の回答あわせて60分以内というルールです。もちろん60分以内なら早く終わってもOKです。時間などは各議会で決めていいことなので、他の市や県では時間が短ったり(30分とか)、市の回答時間は質疑時間に入れなかったり、いろんなパターンがあります。

Q3.結構細かいとこまで聞いてるけど、すぐ回答できるのすごいですよね??

A3.回答をする部長クラスになるとスーパーマンなので、細かな数字を聞いてもOKさ!

というわけではありません。優秀な方々ですが、さすがにそれは無理です。宮崎市の場合、多くの議員は事前にこんな質問するよーとすべて伝えていると思います。回答についても大体の方針とか数字とかは2日前くらいには教えてもらえたりします。これについては賛否あると思いますが、しっかりした回答をもらうための一つのやり方かなとも思ってます。台本の読み合わせかよ!!というつっこみもあるかと思いますが、きちんとした論理構成をしていれば、台本があろうとなかろうと指摘・提案すべき事項は伝えられると私は考えます。

 

さて、今回、一般質問をして、やっとスタートラインから進んでいったかなと思えました。自分の問題意識や想いを表現する場として、一般質問ほど大事にすべきものはないんじゃないかとも思います。今回、壇上から見た景色は一生忘れられないし、この時の初心を忘れず今後も議員活動をやっていきたいと思います。

10月には市政報告レポートを発行しますので、こちらもお楽しみに。