おそくなりました!6月議会報告(その4)

こんにちは。山口としきです。議会→委員会視察と続き、更新が滞っておりました。すみません。

早速6月議会の報告から。本日は議案についての解説です。

すこし触れてきていますが、議会に提出される案件にはいくつか種類があります。わかりやすく書くとこんなイメージですかね。

A.議案 → 議会で主として話し合う案件。予算案や条例改正案など。

 

B.意見書 → 市議会として(ここがキモです。議員としてではなく、市議会としてということですね。)、各省庁の大臣や総理大臣などに意見・お願いをする文書。法的拘束力はありません。

 

C.請願・陳情 → 住民の方などから市政へのお願いを書面にしたもの。市議会議員が仲介するものを「請願」、住民の方のみのものを「陳情」と呼ぶ。正式な手続きを踏めば、委員会や議会で議論します。こちらも法的拘束力はありません。詳細はコチラ(宮崎市HP)→ http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/parliament/petition/388.html

 

議会の仕組みの中でも触れましたが、基本的に議案(予算とか条例案とか)は議会に提出された後に、各委員会に振り分けられ、そこで詳細な議論が行われます。議員には一つ一つの議案に賛成・反対!と言える権利はあるのですが、主な討論や修正案への協議などはこちらの委員会でやっていると思ってください。

私は、総務財政委員会ですので、予算や税務関連のものについて議論です。

各位委員会への付託状況はこんな感じ。

20150721_153811 20150721_153818 (委員会ごとで数もバラバラ)

結論から言うと、法律改正に伴う条例変更や人件費減に伴う予算変更などが主だったので大きな混乱もなく可決の方向で進みました。当然、不明な点は質問・確認したり、文言などの調整はお願いしておりますので、手放しでOKよーってわけではないのですが。。。

私が所属する総務財政委員会以外も大きな混乱なく審議が進んだようで、反対多数で否決される議案はなさそうな状況で委員会審議は終了。

翌日の議会で、各議案について賛成・反対の決を採って議案審議は終わりました。

最終的には提案された24の議案がすべて可決されるという結果になりました。

一つ一つについて解説してもなかなか長くなりそうなので、3つほど紹介すると、

 

①宮崎市職員の給与に関する条例等の一部改正について(議案112号)

→国家公務員の給与改定に準じて市職員の給与を改定する案件。簡単に言ってしまうと宮崎市の職員の方の給料が2%ほど下がることになります。ただ当面の間は影響が急に出ないように暫定措置があったり、退職手当などでカバーされて実質めっちゃ下がる!ってことはないようですが・・・。でも、いつかは下がるわけだから、市役所の皆さんも身を切ってるわけです。

 

②宮崎市男女共同参画センターの指定管理者の指定について(議案106号)

実は今年の12月に「男女共同参画センター」がオープンするんです。場所は、旧働く婦人の家(青葉町の交差点すぐ)。ここを管理する団体を決めましたってことですね。議案では、担当課による選定結果をあげてきてるので結果に意見は言えない状況ですが、私は非公開の選定資料も全部お借りして確認して賛成をしました。(選定資料まで見してっていう議員はあんまりいないらしい。)

ちなみに、今、愛称とかを募集しているようです!(宮崎市HP)http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/education/human_rights/22621.html

 

③宮崎市都市公園条例の一部改正について(議案117号)

→宮日新聞にもちょろっとでたこの案件。内容は「清武運動公園のテニスコートの利用規約を変更します」というものですが、実は「2.5億円でテニスコートの上に屋根作って、キャンプの時は室内練習場にします!」というもの。屋根を作ったりするのは議会に提出する案件ではないようで表には出てこないのですが、規約変更は議会審議案件なので、結局議会承認がないと屋根がつくれないみたいな案件。議案の文面だけではなく、そこがどうつながっていっているのか!をしっかり見ないといけないと勉強になりました。誤解なきように書いときますが、別に市役所の担当者は隠すとかそういうことをしているわけでありません

この議案も可決されたので、来年の春には清武総合運動公園に屋根付きテニスコートができます!

 

もめることの少なかった議会ですが、意外と影響のあることや建築物関連などが決定したことを感じていただけたでしょうか。

次は6月議会報告の最終回、請願やら特別委員会のお話を予定してます!