5月臨時議会報告(その1)

こんにちは。山口としきです。あっという間に5月も末になってしまいました。

ブログの更新が滞ってしまってすみません。ドタバタ理由は6月上旬にお知らせできそうです!

さて、5月下旬に臨時議会がありましたので、その報告を3回ほどにわけてさせていただきます!

臨時議会という名のとおり、今回の議会は色々と決めなくてはいけないことがあったりして「臨時」で召集されたものです。通常の定例議会は、3月・6月・9月・12月の4回あって2~3週間程度行われます。

今回は臨時ということもあり、議会自体は2日間、その他もろもろの会議(前回触れた代表者会など)があったので、なんだかんだで10日間くらいは市役所に行ってました。

じゃあ、今回の臨時議会で何を決めたのか??大きく3つに分けるとこんな感じ。

①議長・副議長の選出

②委員会やその他役職の決定

③法律改正等に伴う条例の変更の採決など

今回は①議長・副議長の選出について書きます!

そもそも議長・副議長ってなんなのか!?

宮崎市役所HPによると・・・・・

議長は、市議会の代表者であり、議会の秩序を保ち、議事の整理などの権限をもっています。
副議長は、議長の仕事を助け、議長が不在のときは議長の代わりを務めます。 (宮崎市役所HP参照)

ちょっとイメージがわきにくいですが、具体的には議会の進行をしたり(よく国会中継とかだと「〇〇君!」のように質問者の名前を呼んだりしてますね。)、代表者会の進行をしたり、市議会の代表として様々な会に参加したりします。任期は2年で、事務的にも議案とか議会の欠席届などを提出する先は議長です。

ちょっと個人的に変わってるなと思ったのは、議長は一般質問できない+委員会(議員が1つは所属するもの)に所属しないということです。それだけ役職として重いというか中立性が求められるものなのかもしれません。

また、お金の面もちょっと違いがあって、議長・副議長はちょっとお給料が高かったり、議長には交際費があったりします。

※給料の額や交際費の内訳は公開されてます。http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/parliament/information/

ということで、議長・副議長のまとめ。

1.市議会の代表として議会の進行や事務手続きをする。任期は2年。

2.一般質問(議員が市長とかに色々疑問や問題点を聞くこと)ができず、委員会にも所属しない

3.役職や仕事の重みが他の議員と異なることもあり、ちょっと給料高め。交際費あり。

ここまで書いて、じゃあだれが選ばれたのか!!を書こうかと思いましたが、長くなってきたので、また次回に!