我々は今回「何(誰)を選ぶのか」

こんばんは。山口としきです。

あっという間に3月が終わり、新年度になりました。宮崎は非常に暖かい日が続き、私が街頭に立ち始めた1月ごろはマイナスだった気温も20℃近くまで上がってきています。春ですね。

明日から宮崎でも県議会議員選挙が始まるので、統一地方選が身近なものになります。

テレビなどで連日取り上げられていますので、選挙あるんだなーという形でなんとなく認識している方も多いと思います。宮崎の場合は、4月12日に県議会議員の投票、4月26日に市議会議員の投票があります。期日前投票もできますので、みなさん選挙にいきましょう!

さて今回の2つの選挙(宮崎の場合ですが)、せっかく地方創生というキーワードのもと地方に目が向いていますので、「何(誰)を選ぶのか」を考える機会になってほしいなと思っています。

私が政治家を目指して活動をしていて感じることなのですが、「政治家」というくくりが広すぎて、選挙というと同じような権限を持った・同じような役割の人を選ぶものと捉えてしまいがちな風潮があると思っています。「政治家」にも種類というか、国会議員・知事・市長・県議会議員etcと立場があり、当然権限や役割も違います。

つまり、選挙によって「選ばれる人の役割が違う」わけです。これは当たり前のことのようで、意外と選挙の時に抜けているのではないでしょうか。物を買うときに「何を買うか」わからないまま選ぶ人はいないですよね。選挙も同じで、政治家を選ぶというくくりにせずに、「どの役割・立場の政治家選ぶのか」という観点に一度立ち返ると投票する人を選ぶ判断もしやすくなるかもしれません。

今回の2つの選挙は、「県議会議員」と「市議会議員」です。市役所のHPに「市議会議員の役割」という記載がありましたので、参照しておきます。参考に県議会・市議会の仕組みについてのリンクも載せさせていただきますので、参考にしていただければ幸いです。

「市議会議員」は、市議会を構成し、市の方針や施策を決定したり、市政が適正に行われているかをチェックします。(参照:宮崎市役所HPより)

・県議会の仕組み:http://www.pref.miyazaki.lg.jp/gikai/assembly_info/role/index.html

・市議会の仕組み:http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/parliament/mechanism/547.html

選挙はなんだかんだで何度もあってめんどくさいと思われる方も多いと思いますが、「何を選んでいるか」をより意識していただくと、毎回違うんだなーという新鮮さを感じられると思います!

県議会・市議会はほぼ4年に一回ですので、選挙に行きましょう!!

(最近の出来事)

先日、タッチ先生として全国でご講演もされている藤井輝明先生とお会いさせていただきました。

大学時代に教えていただいていた林教授のお知り合い且つゼミでよく行っていた幸寿司(国立)さんの常連さんとのことで、不思議な縁ではありますが、若者頑張れという温かいエールをいただきました!

活動を通していただいた縁は一つ一つ大事にさせていただきます!

藤井先生HP:http://www.fujiiteruaki.jp/index.html

幸寿司(びっくり丼がすごい!):http://kunitachi.shop-info.com/units/36236/west004/

20150328_125614 (2)(藤井先生と)