準備がちゃくちゃくと・・・

 

 

こんにちは。山口としきです。日がたつのは早いもので、あっという間に3月中旬ですね。

今私は4月に行われる予定の統一地方選に向けて準備をしているのですが、先般「事前審査」なるものがあったので、こちらの様子をお伝えします!

「選挙に立候補する」というのは、ものすごくハードルが高いもののように思われがちなのですが、立候補するだけなら(当選云々は置いといて)意外と?!簡単にできます。

簡単に書いてしまうと、①立候補届とかの書類を準備する、②供託金をおさめる、③ポスターや車両などの準備をするという3つができれば、立候補はできるんですね。

今回の「事前審査」は、上記の①・②に関わるところで、要は「この人ちゃんと立候補する資格あるのかしら?という確認」と「告示日(選挙が始まる日)に提出書類確認してたら不備があったらお互いまずいし、事前にチェックさせてね!」ということなんでしょうね。

提出書類はポスターの見本なんかもいれて15通ほどでしたが、記入例が載ったマニュアルももらえるし、わからないことがあれば担当者の方に聞けば教えてくれるので、意外と簡単に作成できます。

個人的には書類作成以上に供託金をおさめるために法務局に30万ほどの現金を持っていくのがドキドキでした。

ということで、指定された3月14日(土曜)の午後に書類を持っていってきました!

13時過ぎに会場到着!すでに複数の陣営が審査を開始中。私も促され、2名の担当者の方と向き合います。

「ここまできて立候補要件たりないですよー」とか言われたら、どんな顔して帰ればいいんだ・・・・。そんな一抹の不安を抱えつつ、書類を順次提出・・・・。

時折、小声で話し合う担当者の方々・・・。「え、え、不備??まずい?」と不安な私。

担「住所の記載を住民票と同じようにしてください。番地やハイフンも同じにしてくださいね。」

私「え、あ、はい。それだけですか?ほかになにかまずいやつは・・・・。」

「他は特に問題ないですね。」

 

私の事前審査デビューはあまりにあっさり終わりました。(いいことなんですが。)

この後いくつか質問をして、小一時間で終了。他陣営のみなさんが色々とやっている中、一番最後に入室し、最初に退出・・・。

新人候補だから適当に扱われたとかないよね??と不安を覚えつつも、どうやら立候補はできることは間違いないようです!!これまで以上に堂々とがんばっていきます!!

20150319_172801(2)(提出書類やマニュアルなど)